太陽光発電の価格を論理的に最安値にする方法

導入体験者だからわかる!比較するべきポイント

 
【質を落とさず】【安く】導入する方法

太陽光発電を質を落とさずに最安値で導入する方法

 

東日本大震災をきっかけに太陽光発電ブームが始まりました。

 

2011年あたりから導入する家庭が急増していて、管理人も2011年11月に導入しました。

 

10社以上の見積もりをした経験から、いかに質を落とさず、より安く導入する方法があるか徹底調査しました。

 

最近では様々な企業が参入してきていて、競争が激化しています。たくさんある販売店に中でどこに頼めば良いかわからない方も多いと思います。

太陽光発電の導入には相見積もりが必須

 

太陽光発電は、メーカーも条件も全く一緒でも、価格が数十万も違うのが当たり前の業界です。

 

失敗や後悔しないためには1社だけでなく、最低3社の見積もりをとることが最低限の条件だと断言できます。

 

各販売店の比較表

 

販売店種類 価格面 おすすめ度 特徴
一括見積もり

価格競争することで自然に安くなる
ネット販売

激安店がある
地域密着型(工務店・街の電気屋)

サポート面での安心感
大手家電量販店

パッケージが合えば安くなる
訪問販売

トラブルが多い

※中立の立場で独断と偏見で検証しています。

 

3社の見積りを推奨する理由

 

太陽光発電だけに限らず、物を買う時は比較することで失敗する確率を下げることができます。以下のように比較をすることで、事実がわかります。

 

価格は高いか安いか比較することでしかわからない

※見積りは同じ条件ですること!(太陽光パネルの枚数・メーカー)

 

1つ目の販売店A

150万の見積り(安いか高いかわからない)

 

2つ目の販売店B

145万の見積り(Aよりは安い)

 

3つ目の販売店C

130万の見積り(A社B社は高いことが判明)

 

仮に1社だけで見積りとった時に、うまい営業さんに「うちはかなり安いです!」と言われて信用して契約してしまう人も多いのが現状です。

 

特に、太陽光発電に関して知識にない私達は素人同然です。

 

知識を持ったプロの営業さんが言ったことは車や電化製品などに比べると圧倒的に「信じやすい」商品といえるでしょう。

 

 

価格を下げるコツ!太陽光発電の見積もり最安値攻略法

他社の見積りを最大限活用する

1社目の見積り書を2社目の営業さんに見せると競争力がある販売店であれば確実に安くしてくれます。

これを3社4社と繰り返すことで、サービスの質を下げずに価格を極限まで安くすることができます。

太陽光発電は競争力のある業者を選ぶ

必然的に競争力があり、やる気のある販売店しか残りませんので、失敗する確率がかなり下がります。

 

管理人は実際に10社の見積りをとり、導入に成功しました。(太陽光発電の雑誌に取材されました)ただ正直、10社だと手間と時間がかなりかかりますので、3社から5社の見積りで十分だと思います。

 

実際に体験しましたが、販売店によって数十万の差が当たり前に出る業界です。実査に管理人のケースだと50万程度の価格差がありました。太陽光発電は家と同様、20年30年と付きあうのでしっかりと納得できるまで時間をかける価値があります。

 

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

太陽光発電の価格を最安値にする見積もり方法