シャープの太陽光発電の価格と特徴

シャープの太陽光発電の相場価格

1kwあたり35万円前後

 

  • 高性能単結晶ブラックソーラー【NQシリーズ】
  • 一般的な単結晶【NUシリーズ】
  • 安価な多結晶【NDシリーズ】

種類が多いため、【どれを選ぶか】で、価格も変わってきます。

 

ブラックソーラー【NQシリーズ】

 

シャープに高性能パネルブラックソーラーNQシリーズ

 

シャープの太陽光発電システムの中で、【高性能】と言われている『ブラックソーラー』シリーズです。

 

型番(NQ-×××)

出力

変換効率

希望小売価格

256AF

256W

19.6%

146,400円

225AG

225W

19.5%

128,600円

159AG

159W

18.8%

97,900円

103LG/RG

(台形パネル)

103W

14.2%

63,800円

220AE

220W

19.1%

125,700円

155AE

155W

18.3%

95,400円

101LE/RE

(台形パネル)

101W

14.0%

62,600円

220HE

(積雪対応パネル)

220W

19.1%

135,000円

 

ブラックソーラーは単結晶パネルで発電効率も高めのため、価格も高く設定されています。

種類も多く、シャープが最も力を入れているシリーズと思われます。

なお、このNQシリーズはブラックソーラー限定の長期プレミアム保証が無料で付いてきます。

 

シャープのブラックソーラー限定長期プレミアム保証

 

【NUシリーズ】

 

シャープの単結晶パネルNUシリーズ

 

かつてはシャープの太陽光発電の主力シリーズでしたが、現在販売されているのは1種類のみとなっています。

 

ブラックソーラーと比べると性能が劣りますが、価格も抑えられています。

 

国内メーカーの単結晶パネルを比較的安価に設置できます。

 

【NDシリーズ】

 

シャープの多結晶パネルNDシリーズ

 

多結晶パネルです。

 

全部で3種類あり、どのパネルも価格が非常に抑えられています。

型番(ND-×××)

出力

変換効率

希望小売価格

180AF

180W

15.6%

77,300円

175AC

175W

15.2%

75,200円

196AC

(在庫僅少)

196W

14.8%

オープン価格

 

単結晶と比べ性能は確実に劣りますが、非常に安価に設置できるうえ、下記に示すシャープ独自の『Webモニタリングサービス』を受けられます。

 

設置価格を抑えつつ、安心して使いたい方には向いているといえます。

 

シャープの特徴

累積実績NO1!

シャープは1959年に世界に先駆けて太陽電池の開発を始めました。

 

そして、1963年には世界初の量産開始。

 

非常に歴史のあるメーカーで、累積実績はNO1です。

 

ハウスメーカーとの提携も多く、【船橋日大前ジャスタウン】では
全61戸すべてにシャープの太陽光発電が設置されています。

シャープの太陽光発電の特徴

 

保証は10年(無料)と15年(有料)の2種類

+Webモニタリングサービス(無料)

 

シャープのメーカー保証には、10年間の無料保証と
15年間の【まるごと15年保証】(有料)があります。
(ブラックソーラーの長期プレミアム保証を除く)

シャープの太陽光発電の15年保証

 

太陽光パネル・パワコンはもちろん、電力モニタや架台も保証対象。

シャープの太陽光発電の15年保証

保証価格は設置kw数で設定されており、1kw毎に変わってきます。
一般家庭に多い設置kwでは、以下のような価格になります。

2〜3kw未満 1万4000円(税抜)
3〜4kw未満 1万5200円(税抜)
4〜5kw未満 1万9400円(税抜)
5〜6kw未満 2万5000円(税抜)

集合住宅や店舗の屋根等の大きなシステム(50kw未満)も対象となっています。

 

Webモニタリングサービスとは

 

【Webモニタリングサービス】とは、専門の担当者がネットを通じていつでも見守っていてくれるサービスです。

 

エラーが発生した場合は迅速に対応してもらえますし、
毎月【発電診断レポート】も送ってもらえる≪無料の≫サービスです。

 

このサポートがあるため、他メーカーに多い【定期点検を受けること】という保証条件がシャープにはありません。

 

シャープのWebモニタリングサービス

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

シャープの太陽光発電の価格と特徴

シャープの太陽光発電の価格と特徴関連ページ

東芝
東芝の太陽光発電システムの価格と特徴です。東芝の太陽光パネルは2シリーズあり、世界1位の【Sシリーズ】は250wで約18万円、一般的な【Vシリーズ】は200wで約12万円が希望小売価格となっています。1kwあたりでは42〜45万円が相場となり、他メーカーよりも少し高めです。
ソーラーフロンティア
ソーラーフロンティアの相場価格と特徴です。ソーラーフロンティアはシリコン系ではなく、CISの太陽光パネルを採用し、非常に価格を抑えているため、急成長しています。
パナソニック
パナソニックの太陽光発電の相場価格と特徴です。パナソニックの太陽光発電はHITと言われる単結晶ハイブリッド型で、性能が高いと評判ですが、価格もハーフタイプ120wで6万円以上、一般的なサイズのパネルでは233w〜245Wで13万円〜17万円以上と、高めの価格となっています。
京セラ
京セラの太陽光発電の相場価格と特徴です。京セラの太陽光パネルは価格の安い多結晶を採用していて種類も多く、屋根置シリーズだけでも4種類、価格もパネル1枚当たり48w約2万5000円〜200w約9万円まで幅広いラインナップです。
三菱
三菱の太陽光発電の相場価格と特徴です。三菱の太陽光パネルは87wの5万円台から、220wの14万円台まで、非常に幅広くそろっており、形状もハーフタイプや台形もあるので、屋根に無駄なく設置できます。