海外メーカーの価格と特徴

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

主な海外メーカーの相場価格と特徴

主な海外メーカーの相場価格と特徴記事一覧

1kwあたり33〜38万円単結晶パネルを採用していますが、【かなり安い】相場価格となっています。この価格を実現したのは中国工場での生産世界第6位の圧倒的な生産量以上2点が大きな要因となります。ただし、パネル種類は少ないです。価格・品質共に良いので、設置面積が確保できるのであれば、カナディアンソーラーは【良い選択】になると思います。単結晶パネル単結晶パネルは全部で2種類。台形やハーフサイズはありませ...

1kwあたり30万円〜35万円単結晶パネルの採用で、【相当安い】相場価格となっています。サンテックは中国のメーカーで、単結晶ながらも低価格、しかも長期保証付きということで業績を伸ばしてきました。その価格の安さから、【価格重視の海外製ならサンテック】と浮かぶほど、一時は販売店からよく提案されるメーカーでした。(大手家電量販店やホームセンターと提携していました)しかし、2013年3月に関連子会社の『無...

1kwあたり32〜37万円Qセルズは、元々はドイツのメーカーですが、2012年4月に倒産し、現在は韓国企業【ハンファグループ】となり、【ハンファQセルズ】となっています。ハンファグループでは【ハンファソーラーワン】という太陽光パネルを製造しており、こちらは1kwあたり30万円前後と、Qセルズブランドより低めの価格が設定されています。海外メーカーとしては【価格は高め】。しかし需要は多いQセルズの【Q...