最新の太陽光発電の補助金

(最新)平成29年度の太陽光発電の補助金

平成29年度の国の補助金交付はありません。

 

太陽光発電の補助金は「都道府県・市区町村の2ヶ所」からでる可能性

 

国からの補助金は終了しましたが、都道府県・市区町村では太陽光発電の補助金交付を継続している自治体もあります。

 

自治体の補助金制度は国とは別で独自で実施していますので、各自治体によっては補助金制度を設けていなかったり、すぐに予算が打ち切りのなることもよくあるので、随時確認が必要になります。

 

お住いの地域をクリックするだけで補助金の合計額が簡単にわかります。(数秒です)

 

太陽光発電の補助金を確認

補助金は早い者勝ち

 

補助金には予算があり、限られた予算内の中から支給され、予算が無くなると打ち切りになります。つまり「早い者勝ち」になります。

 

最近のケースでは特に、自治体の補助金は受付期間が終わる前に締め切られてしまうことも多いのが現状です。ただし、営業さんのセールストークで補助金で急かされてトラブルになるケースもあるので注意してください。

 

慌てて契約するのを避けるためには、時間に余裕を持って業者選定し、見積りをとるなど早めに確認をしておいた方が良いでしょう。

 

補助金はかなり大きな金額になるので、確実に利用して初期費用を抑えましょう。

 

補助金の申請の流れ(自分でする必要はありません)

補助金申請は、各自治体により異なります。
あくまで代表例の大まかな流れと考えて下さい。

 

※申請は設置業者が代行してくれることがほとんどです。

@設置工事前

補助金交付申請書の記入・提出
契約書や補助金対象システムの仕様書等を提出

申請前に工事を始めてしまうと補助金が受け取れない可能性が大きいです。

 

A設置工事完了後

契約書・設置費用の支払いを証明する書類・売電契約等の写しや太陽光発電システムの設置後の写真等とともに申請書類提出
(直接あるいは郵送)

 

正常に手続きが進めば、1〜2ヶ月後に補助金交付決定通知書が届きます。
この通知書が届けば補助金の申請が受理されたということになり、1〜2ヶ月後に補助金が振り込まれます。

 

以上が補助金申請の流れです。

 

申請は煩雑で、決して簡単なものではありません。提出資料は多く、資料の取り寄せ先や書き込みの手順など皆目見当がつかないことでしょう。とても困難に思えますが、心配はいりません。

 

自分でやらずとも、補助金の申請は多くの場合業者が代行してくれます。

 

補助金を受ければ太陽光発電を導入しやすくなるのは当然のことです。

 

また、補助金の交付のためには設置費用が一定額以下でなければ交付されませんので、補助金交付の対象となる基準を満たすために、業者が定められた金額以下に導入費用を抑えてくれるケースが多くあります。これもメリットの一つです。

 

太陽光発電の補助金制度には以上の通りメリットが盛りだくさんですが、自治体の方針一つで補助の内容も変わってきます。

 

減額となる可能性があるのはもちろんのこと、打ち切りとなる可能性も十分に考えられます。導入を検討している人は、太陽光発電の価格が下げ止まり感があるので、早めに導入に踏み切るのが吉かもしれません。

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

太陽光発電の補助金(最新)