太陽光発電と停電時の活用法

停電と太陽光発電

自然災害によって、停電が起こる場合があります。

 

東日本大震災の際に、各地で計画停電が行われたことは記憶に新しいでしょう。
地震災害と停電によって太陽光発電への関心が高まっています。

 

実際の災害時に備えて、停電と太陽光発電の関係を考え、
停電時の活用方法を知っておくことは有益です。

 

電力会社からの電力供給が止まった時、電力会社からの供給のみにたよっていれば停電に遭い、右往左往するところですが、太陽光によって自家発電できれば電力を賄えます。

停電時の太陽光発電活用法

もちろん、地震の際には火災や津波などによって家屋自体が倒壊することもありますので、
家屋が無事に残った場合が前提とはなります。

 

太陽光発電では太陽が出ている日中にはどんどん電力が作られるため、停電時にも電力を供給できる事は非常に大きな助けとなります。

 

どんなことが可能か

テレビが視聴できる

災害時にテレビを付けることが出来れば、災害の状況を知ることが出できます。

 

充電できる

携帯電話の充電が出来れば連絡を取ることができます。

 

また、ニッケル水素電池など(エネループ等)の充電池があるならば、
充電しておくことで夜間に懐中電灯を使う事も出来ます。
ラジオを聞くこともできます。

 

井戸水の組み上げができる

水道水が井戸からの汲み上げ式であれば、電気によって汲み上げポンプが使えるため水を確保することが出来ます。

 

水と電気があれば、電気ポットでお湯を沸かすことができ、お湯はカップラーメンなどの調理に使えます。

 

【電気】は『命をつなぐ』手助けになる

 

このように、電気を使えると言うことが命をつなぐ大きな助けとなるのです。

 

計画停電などで、たとえば2時間ごとに停電が行われる場合にも、太陽光発電による電力供給が出来ることは強みです。

 

災害に見舞われた時期が真夏や真冬であったならば、寒さや暑さをしのぐ手段が是非とも必要となりますが、停電によって為す術が無ければ、暑さや寒さで健康を損なったり、高齢者には非常に辛いこととなります。

 

しかし太陽光発電によって電力を蓄えていれば、停電の時にも暑さや寒さをしのいだり、その他にもあらゆることに電気を活用することが出来ます。

注意点

【自立運転】に切り替える

注意すべき事は、停電時には特殊操作によって、パワーコンディショナーを自立運転に切り替える必要があるということです。

 

操作手順はメーカーによって異なるため、しっかりとマニュアルを読んで事前に学習しておくとよいでしょう。

 

自立運転切り替え後、パワーコンディショナー本体のコンセントから、発電した電気を使用できます。

 

普段使っている、【家のコンセント】は使用できません

 

上限1500wまで

たとえ4kwのシステムを設置していても、
非常用電源として使用できるのは【1500wまで】です。
(パワーコンディショナー1台に付き1500wなので、2台設置している場合は3000wまで可能)

 

【1500wまで】で出来ること

  • 携帯電話やニッケル水素電池(エネループ等)の充電
  • 冷蔵庫(延長コードで接続)
  • 電気ポット
  • 炊飯器
  • テレビ

 

発電量は一定しない

発電量は天候に左右され、一定の発電量を保証するものではありません。

 

パソコンやHDDレコーダーなど、電力の供給が止まることでデータが損なわれるような機器の使用には注意が必要です。

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

太陽光発電と停電時の活用方法