太陽光発電 最安値価格で導入する見積もりガイド

クーリングオフは、契約を【なかったこと】に出来る制度です

訪問販売の業者が来て、話を聞いてみたら『やってもいいかも・・・』と思い契約。

しかし、家人に話すと大反対。

太陽光発電は金額も高額だし、やっぱり取り消したい!

 

このようなときは【クーリングオフ制度】を活用しましょう。

 

【クーリングオフ】とは?

契約後に頭を冷やして(Coolig off)、冷静に考え直す時間を消費者に与え、
一定期間内(8日or20日)であれば無条件で契約を解除出来る制度です。

 

クーリングオフでは、契約を無条件で【なかったこと】にでき、消費者の保護を目的としています。

 

消費者の保護が目的なので、もちろん解約金や違約金といったお金はかかりませんし、販売業者は拒否することが出来ません。

 

仮に商品を受け取ってしまっていても、送料業者負担で送り返すことが出来ます。

 

【クーリングオフ】出来る条件

 

どのような契約でもクーリングオフ出来るわけではありません。

 

クーリングオフが出来る取引

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引(マルチ商法やねずみ講)
  • 特定継続的役務提供(エステや語学教室)
  • 業務提供誘引販売取引(「テストに合格すれば仕事を提供」等で教材等を販売)
  • 訪問購入(不要品の訪問買取)

 

太陽光発電では、店舗に行っての契約はクーリングオフの対象にはならず、
【訪問販売】の場合のみ適用となります。

 

クーリングオフで定める訪問販売の範囲は意外と広く、『路上等で勧誘された』『電話等で販売目的を告げずに別の場所(喫茶店等)に呼び出され、契約を勧められた』場合も、訪問販売と見なされます。

 

また、クーリングオフ制度の対象外の契約でも、業者が契約解除について独自に規定している場合もあります。

 

契約書をよくチェックしてみましょう。

 

クーリングオフ出来る期間

クーリングオフ制度対象の契約であれば、いつでも行使出来るわけではありません。

 

あくまで【一定期間冷静に考える】ための制度ですから、期限があります。

 

太陽光発電のクーリングオフ対象となる【訪問販売】では、
契約書を受け取った日から8日間です。
(書面を受け取った日を1日目として数えます。)

 

【クーリングオフ】の手続き方法

クーリングオフは、消費者の当然の権利なので、本来であれば、直接電話をかけて『クーリングオフします。』と業者に伝えるだけでもいいのです。

 

しかし、現実は甘くありません。

 

『言った・言ってない』の水掛け論を避ける為、相手(業者)にスキを与えないをためにも、
【確実に証拠が残る】方法で行使しましょう。

 

【はがき】で送る場合

はがきに<記載例>のように記入。

 

太陽光発電のクーリングオフの書面記載例

両面(宛先及び内容)をコピー。

控えのために必ずコピーを取っておきましょう。

 

【特定記録郵便】あるいは【一般or簡易書留】で発送。

【記録が残る】方法で発送します。

 

1番お勧めは【簡易書留】。
特定記録郵便は受け取りの証拠がなく、一般郵便は料金が割高です。

  • 【特定記録郵便】

    郵便物を差し出した記録が残る(郵便受けに投函される)。加算料金は160円

  •  

  • 【一般書留】

    郵便局から配達までの送達過程を記録。万一届かなかった際には損害が保証される。
    (加算料金は損害額に応じる)

  •  

  • 【簡易書留】

    郵便局での受取と配達が記録される(途中経過はナシ)。損害の賠償は5万円まで。
    加算料金は310円

 

【内容証明郵便】で送る場合

 

内容証明郵便とは、あまり聞き慣れない言葉ですが、
その名の通り【内容が証明されている郵便物】です。
【いつ、誰が、どのような内容の郵便物を、誰に送ったか】までが証明されます。

 

では、誰が証明するのか、というと、【郵便局】。

 

簡易書留よりも費用はかかりますが、最も確実な方法です。

 

決められた様式があり、不備がなければ郵便局で以下の様な証明文が添付されます。

 

この郵便物は平成○○年○月○日第○○○○号
書留内容証明郵便物として差し出したことを証明します。

 

日本郵便株式会社

 

郵便認証司
平成○年○月○日 差し出し日消印

 

内容証明郵便の書き方

【決められた様式】通りに記載しなければ、証明を受けることは出来ません。

 

当然、不備がないかどうか、郵便局で内容がチェックされます。

 

以下の文例を参考にして下さい。

 

太陽光発電のクーリングオフの書面記載例

 

書き方には細かい規制があります。

文字数制限(縦書) 1行に20字以内、1枚に26行以内

文字数制限(横書き)

  • 1行に20字以内、1枚に26行以内
  • 1行に13字以内、1枚に40行以内
  • 1行に26字以内、1枚に20行以内

【1文字】の範囲

  • 句読点は各1字(点や丸)
  • カッコは合わせて1文字(「」で1文字)

使える文字

  • ひらがな、カタカナ、漢字
  • 数字は算用数字(1,2等)、漢数字(一、二等)両方使える
  • 英字は固有名詞(社名や商品名)にのみ使用可能

用紙は特に規定はありませんので、市販されている便箋や原稿用紙でも大丈夫です。

 

しかし、上記のように文字数や行数に制限があります。

 

不安な方は【内容証明用紙】(文具店や通販で販売されています)を使用すれば、
予め【1行20文字、1枚26行】のマス目が印刷されていますので、
そちらを利用すると良いでしょう。

 

内容証明郵便の出し方

 

内容証明郵便は、特殊郵便物を扱う郵便局(集配局等)以外では取り扱っていません。

 

まずは【扱っている郵便局】を確認しましょう。

 

郵便局への持ち物

  • クーリングオフの内容を記載した郵便物

    (同文を3通、コピーで大丈夫です)

  •  

  • 宛先(受取人)・差出人の住所・氏名を記載した封筒1通

    (規定はありませんが、文書中の住所、氏名と同一にしなければなりません)

  •  

  • 印鑑

    (訂正がある場合必要になります)

 

以上の物を持って、扱っている郵便局に行き、『内容証明郵便でお願いします』といえば、担当者が内容を改めてくれます。

 

訂正等がない場合は、文書の3通は【受取人に配達】・【郵便局で保管】・【差出人が保管】となります。

 

太陽光発電をクーリングオフした、大切な証明書になります。
少なくとも5年間は大切に保管しましょう。

 

料金は?

 

内容証明郵便は、必ず【一般書留】で発送します。

 

通常の郵便料金・・・・82円
内容証明料・・・・・430円
書留料・・・・・・・430円

 

合計・・・・・・・・942円

 

この他、任意で配達証明を付ける場合は「+310円」、速達の場合は「+280円」です。

 

中身の文書が1枚の場合は以上の料金ですが、2通以上に渡った場合は1枚増えるごとに「+260円」です。

 

太陽光発電の場合は簡潔に内容がまとめられるので、
2枚以上になることはまず無いでしょう。

 

郵便局に行く時間ない場合は?

電子内容証明サービス【e内容証明】を利用する方法があります。

 

郵便料金の関係上、クレジットカード等の登録を行い、
利用者IDを取得する必要があります。

 

登録後、【e内容証明ソフトウェア】をダウンロード・インストールします。

 

24時間受付可能ですので、時間の無い方はこちらを利用するといいかもしれません。

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

太陽光発電のクーリングオフ・キャンセル