太陽光発電と消費税

太陽光発電と消費税

2014年4月から消費税が8%に上がりました。

 

消費税はもちろん、太陽光発電の導入費用にもかかるものです。
さらに太陽光発電の導入費用は、多くの場合200万円前後もの多額の費用がかかるものですから、消費税も馬鹿になりません。

 

【3%アップ】の影響

消費税が5%である時期に導入するのと、消費税が8%の時期に導入するのでは、金額に大きな差が出ます。

 

例:200万円で導入する場合

  • 消費税5%で導入の場合⇒210万円
  • 消費税8%で導入の場合⇒216万円

実に6万円もの差!

導入する面積が広くなるにつれて、当然導入費用も高くなるので、消費税5%と8%との差異は次第に大きな広がりを見せることとなります。

 

2019年10月は消費税10%に!?

太陽光発電と消費税増税

 

まだ確定ではありませんが、2019年10月に消費税が10%に引き上げることが予定されています。
更に2%アップとなると、太陽光発電の導入に大きく影響します。

 

では、消費税8%で導入するためには、いったい【いつまで】に【どこまで】しておかなければならないか説明致します。

 

法律用語を用いるならば、設置工事が完了した日をもって「当該課税資産の譲渡」が行われたと見なされます。

 

つまり、消費税が上がる【2019年10月まで】に工事が完了し、【引き渡し】が済んでいなければならないのです

 

仮に増税前に施工工事を開始しても、完了した時期が増税後(2019年10月以降)では、消費税10%が適用されます。

 

大規模な【駆け込み需要】発生の懸念

このため、増税時期が近づくほど、駆け込み需要が多くなることが懸念されています。

 

そうなると施工業者は大忙しとなり、設置工事は遅延しがちとなります。
そのため、導入を検討しているならば早めの契約がオススメです。

 

8%から10%への消費税増税は、導入費用に大きな影響を与えます。

 

一度の依頼で優良業者の複数見積もりを受けられる【一括見積りサービス】を活用し、
より良い条件の業者をいち早く選定することをお勧めします。

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

太陽光発電と消費税増税の影響