太陽光発電でトラブルを回避する方法

トラブルの実例から学ぶ

実際にあったトラブル実例
  • 訪問販売で契約したが、相場よりもかなり高額だった
  •  

  • キャンペーン会場で契約したが、あとからもっと安い他社があることを知った
  •  

  • 納得のいく価格で契約したが、発注ミスや工事に来た職人の未熟さなど、問題が多い。
  •  

  • 施工基準が守られておらず、メーカー保証が受けられない
  • 太陽光発電のトラブル実例

  • 不具合があり業者に連絡したが、既に倒産し、連絡が取れなくなっていた
  •  

  • 発電量がシミュレーションよりも極端に少なく、何年たっても元が取れない
  •  

  • 多額の前金を請求され支払ったが、何度も工事が延期され、結局業者は倒産してしまった
  •  

  • 雨漏りした

 

国民生活センターに寄せられた相談件数

国民生活センターに寄せられた太陽光発電のトラブル

 

太陽光発電の普及に伴い、過去5年間で非常に多くの相談が寄せられています。

 

また、トラブルが多いとされている訪問販売についてはピーク時よりも低下し、60%前後で推移しています。

年度

総相談件数

内、訪問販売

訪問販売の割合

2011年度

3,935件

2,808件

約71.3%

2012年度

4,463件

2,971件

約66%

2013年度

4,747件

2,803件

約59%

2014年度

4,374件

2,437件

約55.7%

2015年度

3,368件

2,000

約59.3%

2016年度

2,700件

(前年同期 3,117件)

1,620 件

(同 1,850件)

約60%

(同 約59.3%)

 

大手家電量販店やホームセンターでも太陽光発電の取り扱いを始め、【訪問販売以外】の販売店から購入する方法が多くなったのも、訪問販売のトラブルの割合が減ってきた一因と思われます。

 

訪問販売以外から購入した際のトラブルが増えている

固定価格買取制度以降、太陽光発電を取り扱う会社は急増しました。

 

全くの新規業者もあり、【業者の質】に大きな差があるのは事実です。

 

中には【売り逃げ】を前提としているような、悪質な業者も混じっている可能性もあります。

 

【1社だけでは決めない事】のはもちろんですが、複数の見積もりを比較しても
『価格だけ』の比較では、後々トラブルの原因となってしまいます。

 

【業者の質】がトラブルの原因

 

太陽光発電は、正しく設計・施工されていなければ本来のパフォーマンスを発揮できません。

【業者の質】を見極める2つのポイント

  • 正しい知識、豊富な実績に基づく正確な設計と施工
  •  

  • アフターサービスを含む、長期的な視点

 

この2点をしっかりと確認しましょう。

トラブル回避のポイント

太陽光発電のトラブル回避のポイント  必ず複数見積を取り、比較・検討する

1社だけの見積りでは、その価格が高いのか、安いのか、またシミュレーションが正確か全く検討がつきません。

 

必ず複数の業者から見積りをとりましょう。

比較するポイント

  • 価格
  • シミュレーション
  • 保証(補償)内容

 

太陽光発電のトラブル回避のポイント  多彩なプランの提示があるか

【太陽光発電に求めること】によって、最適なメーカーは違ってきます。

  • できるだけ安く導入したい⇒【多結晶パネルや海外メーカー】
  •  

  • 発電量を重視する⇒【単結晶等の高効率パネル】
  •  

  • 屋根が小さいが、無駄なく設置したい⇒【パネル種類の多いメーカー】

 

既にお目当てのメーカーが決まっている場合でも、
施工方法に違いがある場合もあります。

 

希望に沿った、多彩なプランが提示されるかどうかは、
販売店の腕の見せどころです。

 

太陽光発電のトラブル回避のポイント  販売・施工実績、営業年数をチェック

実績は、少ないより多いほうが良いに決まっています。
それだけ【経験がある】ということなので、『何かあった時』でも、適切に対処出来るだけの知識を持っています。

 

実際の工事や点検の様子を、写真等で見せてらいましょう。

 

また、営業年数の長さも、信頼の目安になります。
同じ社名で長く続ける為には、信頼が大切だからです。

 

太陽光発電のトラブル回避のポイント  施工保険に加入しているか

【施工保険】とは、販売・施工業者が加入する保険で、雨漏り等【工事が原因の損害】に対する保険です。

 

太陽光発電の設置では、適切な防水処理がされていればあまり深刻になる必要はありませんが、万一のことを考えると、加入している業者を選んだほうが安心です。

 

また、当然ですがこの保険は業者が毎年保険料を支払っています。
【毎年更新できる=保険金の支払い事例が少ない】と見ることもできます。

 

太陽光発電のトラブル回避のポイント  疑問点は、どんな小さなことでも質問する

【嫌な客】になっても構いません。
些細な疑問や不安も、必ず担当者にぶつけましょう。

 

その際に、丁寧に、親切に、時間をかけてでも、親身になって相談に乗ってくれるかは、今後の信頼関係に関わります。

 

この先何十年も付き合う相手です。
【この人、この業者なら大丈夫】と、確信が持てるまで、じっくりと話しあいましょう。

より安い販売店を効率的に探すことができるおすすめサービス

太陽光発電でトラブルにならないために